健康を害する飲酒

飲酒と健康の関係について

健康のために飲酒の頻度を見直す

健康を気にするようになった方にアドバイスがあります。それは何かというと、飲酒の頻度を見直すことになります。飲み会や接待などに参加しなければいけないので、全く飲まないようにするのはハードルが高いですが、回数を見直すことはできるはずです。飲み過ぎるとガンや糖尿病、脂肪肝等を引き起こしてしまうので、健康のために控えることが求められます。また、1回で飲む量も改善する必要があります。適量は20g程度と言われているので、ビールは500mlで日本酒は1合、缶チューハイで1.5缶、焼酎だと0.6合となっています。

飲酒の体における影響は

飲酒は人付き合いや食事をする上で楽しみの一つです。適度なお酒は血流を良くし体温を高めたり、気分を高揚させるので健康にも精神的にも良いのですが、飲みすぎは体に悪影響を及ぼします。まず、精神的には依存症を起こす場合があり、飲み続けると肝臓に負担がかかり、肝機能が低下してしまいます。それにより体に様々な症状が現れ、命の危険にまで陥ることがあります。このように飲酒は美味しく楽しいものですが、それを長く続けるためにはまずは健康を維持することが大切です。そのため、飲みすぎや依存症には注意しなければいけません。

↑PAGE TOP