体の健康を気遣う

健康のために頻度を抑える

健康的な飲酒の頻度とは

健康的な日々を過ごしていくためには毎日飲酒をせず、たまには「休肝日」を作ることが大切です。毎日大量のアルコールを摂取することが習慣化していると、特に肝臓などが弱ってしまい様々な病気にかかりやすくなってしまいます。また、場合によってはアルコール依存症などの病気になってしまう可能性もゼロではありません。このようなリスクを極力抑えるためにも、休肝日というのは大変意味のある日です。健康に気を付ければ人生も長く楽しむことができますので、自分や周りのためと思ってぜひ飲酒の頻度を減らしていけるように努力しましょう。

飲酒と健康の実際について

お酒は健康に悪い食べ物だと言われています。実際にアルコールの摂取量が多すぎて病気になってしまう方々はいます。ただ、飲酒自体が悪いわけではなく、何事も限度を超えれば危険となります。一般的に健康に良いとされる野菜や魚も必要以上に食べすぎると、返って毒になります。お酒もまた然り、です。適度な飲酒はむしろストレス解消に繋がり、心身の緊張を解きほぐします。ワインやビール、日本酒に第三のビール。今では色々なアルコール飲料があります。適量であれば、長寿に繋がる事も多く、無暗な禁酒はやめておいた方が良いでしょう。

↑PAGE TOP