健康を維持するために

健康のために心がけること

健康のために飲酒は適量を

毎日仕事が終わった後にお酒を飲むのが楽しみだという人は少なくないでしょうが、自分自身の健康のことを大事に考えるのであれば、やはり飲酒は適量にすることを心がけることが肝心です。アルコールを分解する働きを持つ内臓は肝臓ですが、その肝臓はそれ以外にも人間が生きて行くために役立つ色々な働きをしているとても大事な存在です。なので肝臓に大きな負担をかけて悪くしてしまわないないために、過度な飲酒は禁物です。また肝臓以外にも心筋梗塞や心不全などの心臓の病気や、脳こうそくなどの脳の病気の恐れもあるので、ストレス解消によって健康のためになると思えるレベルの量のお酒を飲むのが良いのです。

飲酒のリスクと良い健康効果

酒は百薬の長とも呼ばれており、毎晩適度に嗜む程度なら、健康被害に繋がる事はありません。生活習慣病のリスクとして飲酒はしばしば挙げられますが、飲み過ぎなければ平気です。特に赤ワインや白ワイン、発泡酒や本格的なビールであれば、むしろ健康面に良い効果があるとも言われています。実際に長寿の高齢者の中には毎日日課として晩酌をなさっている方々が少なくありません。ただ、お風呂に入る前の大量の飲酒だけは要注意です。酔っ払った後に浴槽で転倒したり溺れてしまう方々がいますので、適量に守り、楽しくアルコールは飲みましょう。

↑PAGE TOP